脱毛後のアフターケア

様々な脱毛方法がありますが、どんな方法でもムダ毛を処理した後にはきちんとアフターケアをしなければトラブルになってしまう可能性もあるため、脱毛後はしっかりアフターケアを行うことが大切です。
まず、レーザーや光を使った脱毛の後は肌に負担がかかっている状態です。



軽くほてりがある状態になっていることもあり、そんな時に運動を行ったり、湯船に浸かることで肌を温めてしまうとほてりや炎症が長引く可能性もあるため施術当日はシャワーだけにします。

ほてりが続く場合には冷やしたタオルや保冷剤などを使って冷やしてケアをしていきます。


また、毛根細胞を壊すことによってムダ毛を処理していく方法です。肌にダメージを負っているため、紫外線を浴びると極端に日焼けしてしまいシミなる可能性があります。

紫外線を避けるためにも長袖を着用したり、日焼け止めを行うなどの対策が必要です。
肌は水分量も少なくなっている状態です。肌の乾燥を防ぐためにも保湿はしっかり行います。
普段使っている化粧水や保湿クリームなどをいつも以上に処理した部分に肌を塗っていきます。



肌の状態がきちんと潤って健康な状態であれば、より高い脱毛効果を得られるというメリットもあります。
炎症が出てしまったという場合には、通常2~3日程度で治ることが一般的です。



万が一、強い赤みや湿疹、かゆみ、水ぶくれなどの症状が出ている場合には火傷している可能性があるため施術したエステや医療機関に連絡することが大切です。